top of page

ボリウッド女優によるラオ先生のインタビュー動画



清水俊介先生のYoutubeチャンネルで、ボリウッド女優プリーティカ・ラオさんによるラオ先生へのインタビュー動画(日本語訳付き)がアップされています。


プリーティカ・ラオさんはこの動画ではじめて知りましたが、なんと上智大学の卒業生でした。2010年にタミル語映画Chikku Bukku』で女優デビューを果たし、2015年にはシングル『Na Tum Humein Jano』で歌手としてもデビュー。以降、映画やテレビで活躍されています。


動画の中でプリーティカさんは占星術家として必要な資質や、惑星の処方(レメディ)について尋ねていますが、個人的には

「困っている人に手を差し伸べなさい。困っている人から祝福が得られたら、それがプージャー(礼拝)だ」

というラオ先生の言葉に思わず胸が熱くなりました。


もちろん、この言葉は知識としては知っていました。

僕も、相談者の方に処方について聞かれたらこのようにお伝えすることがあります。

しかし、あらためてラオ先生の口から直接聞くと大変な説得力を感じます。


やはり、(画面越しではあるけれど)現実の肉体と肉声、そして存在を通して語られる言葉には決して文字にはできない感化力があるのだなと思いました。


ぜひ、ご覧いただければと思います。

タグ:

Commentaires


 Archive: 
bottom of page