レッスン受講生の感想② アイビー茜さん



アキュバルのインド占星術プライベートレッスン「Jyotish Lesson for Biginners」の受講生の感想をご紹介しています。

ふたりめはアイビー茜さんです。 アイビーさんはまったく別の占術でお仕事されていた方ですが、真摯にインド占星術を学ぼうとするその姿勢に心打たれました。

以下、いただいた感想です。



生徒個人の個性や趣味趣向を理解しようとし、生徒個人に浸透するインド占星術の解説をしてくださることが最大の魅力。


2020年末にインド占星術に関する用語で気になったものがあり、検索したところアキュバル先生のウェブサイトに辿り着きました。当方は数年前にインド占星術という術に出合っており、的中力がすごいということは当時から感じていたのですが、もし勉強を本格的にするとしてもある程度の時間を捧げ、覚悟を持ってやらないと身に着けることは難しいと感じていました。


また、何よりもこういったことは「誰から学ぶか」が最重要と考えておりました。先生のウェブサイトの記事および世界観は、どれもインド占星術という学術的で難解な術を分かりやすくかつユーモラスに表現しており、なによりも「未来に古代の叡智を確実に伝えよう」という意志が感じられ、2021年の3月に初めて鑑定で先生にお会いし個人鑑定を受けました。

インド占星術という緻密な術のエネルギーを、言葉という三次元に落とし込み、過不足なく依頼者の心に寄り添って伝える鑑定のスタイルに大変感動し「インド占星術を学ぶならば、絶対にアキュバル先生から学ばせて頂きたい!」と思い、ご指導を頂ける運びとなりました。


個人レッスンは約1年でしたが、資料やスライドが分かりやすく美しく整えられているのはもちろんなのですが、先生が生徒個人の個性や趣味趣向を理解しようとし、生徒個人に浸透するインド占星術の解説をしてくださることが個人レッスンの最大の魅力と感じます。自身のチャートを使って現象を説明していただけるので、記憶の定着も早く大変ありがたかったです。


インドの古典には占星術師が持つべき素養としてコミュニケーション能力(言語力)、容貌が美しく清潔であること、モラルがあること、音楽に精通していること、武術を学んでいること等が記されているのですが、アキュバル先生はその素養を備えて体現していらっしゃる先生です。過去に美術史や哲学を熱心に学ばれ、役者として舞台に立たれていたご経歴があり、身体技法についても造詣が深く古武術や剣術に精通し、現役のペルシャ音楽古典楽器奏者でもあります。

また先生はヴィシュヌ・サハストラナーマという全提唱するのに約17分かかるマントラを毎日暗唱されており、インド占星術学習の途中でマントラについてもご教示いただいたのですが、現在3分地点までは暗唱して当方も唱えてはいるのですが、3分覚えるのがやっとですし、これを約17分毎日詠唱されているというので驚きです…。


当方は10年以上プロとして別の複数の占術を使用して占いを生業としてきた者ですが、同業界内にアキュバル先生ほどに日々占星術の研鑽に励み、他分野にも優れた才をお持ちで、背中から滲み出る生身の人間としての説得力がある方はなかなかみつけられないのでは?と思います。術は術単体で作用するものではなく、誰が扱うかでそのクオリティに大きな差がでます。


また、インド占星術と西洋占星術の二つの違いと世界における役割についても深く考えるきっかけとなり、今後鑑定を行う際に「運命とはなにか?」をクライアントさまに自信を持ってお伝えできるような気がしています。個人レッスンのご縁を頂けたことは当方の占い師人生の中でも、本当に幸運な出来事のひとつです。本当にありがとうございました。

今後もインド占星術やマントラ詠唱の研鑽に励み、当方も社会に少しでも役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。


『ブリハット・サンヒター』第二章冒頭に占星術師の資質に関する記述がある。


文●アイビー茜

(2011年より主に宿曜、タロット、西洋占星術で鑑定と執筆を行う占い師及び星占いのライター)

 Archive: