穢れなきカルマの象徴【アマラ・ヨーガ】



Salam!

こんちは、アキュバルです。


今回はひさびさのヨーガ紹介シリーズ。

仕事における成功の象徴、アマラヨーガについて解説してみたいと思います。


Amala Yoga


【定義】

無傷の吉星が10室に在住する


【意味】

物質的な快楽、長い名声、慈善的、王から丁重に扱われる(古典より)


「無傷の」という点が最大のポイント。

「Amala」とは「汚れのない(Stainless)」という意味だそうです。

成立条件は非常にシンプルですが、この条件を満たすホロスコープは意外に少ない。

スマホゲーのガチャで例えれば、レアリティ「SS」ぐらいの価値はあるでしょうね。

排出率5%ぐらいというか・・・。まあ、体感としてはそんな感じ(^^;


では、実際のホロスコープを見てみましょう!




アマラ・ヨーガの実例



こちらは先日鑑定させていただいたYさんのホロスコープ(掲載許可をいただいております)。

10室には木星が在住し、凶星の影響を一切受けていません。完璧なアマラヨーガです。

さらに言うなら、10室を支配する土星は金星とコンジャクトし、こちらも凶星の傷がまったくありません。

つまり、10室には吉星の影響しかない。

こういう場合、10室のテーマは最大限に活性化されます。


Yさんは実際、仕事においては大きな成功を収めています。

本人いわく「リーダーやオーガナイザーを任されることが多い」とのことですが、これにはおそらく木星の影響が大きく関わっています。そう、木星は「グル(導師)」の惑星でしたね。




同じ木星のアマラヨーガということで僕が思い出すのはラオ先生です。

10室にはやはり無傷の木星が在住していますが、驚くべきはラオ先生の木星は最高星位にあり、さらにガジャケーサリ・ヨーガを形成していることです。

「理想に生きる清廉な星の配置【ガジャケーサリ・ヨーガ】参照)


まさに、究極のアマラヨーガ。

言うまでもありませんが、ラオ先生は現代にインド占星術を復興させた最大の導師。

ラオ先生のホロスコープには他にもさまざまな「吉祥」が見出せますが、それについてはまた別の機会にご紹介します。



さて、完全無欠に見えるアマラヨーガですが、僕は天邪鬼なのでどうしてもその「影」の部分はないのかと考えてしまいます。光あるところに必ず影はある。

強いていえば、アマラヨーガは自らの妥協を許せないために、世間の風当たりが強くなる傾向はあるのかもしれません。

いわゆる「アンチ」ってやつですね。

ラオ先生はインド占星術を貶めたり、その価値を損なおうとする勢力と闘ってきたし(裁判まで行った)、Yさんは成功していながら、世間の声や評価にずっとストレスを抱えていたそうです。


しかし、たとえ世間からの非難にさらされても、そのカルマは決して「穢れない」。

アマラヨーガは、そのための強い意志と高潔さをあらわしているのかもしれません。

 Recent Posts: 
 Archive: 
 Category: