この恋実る?実らない?片思いのプラシュナ


インド占星術学習者(中級者)向けの記事です。

ある占星術の研究グループで出されたプラシュナのお題です。

「相談者は片思いをしているが、この恋は実るだろうか?」

というもの。

繰り返しの解説になるかもしれませんが、プラシュナとは相談を受けた時刻と場所でホロスコープを作成し、物事の吉凶を占う方法のことです。占術でいえば易のような「卜占」にあたるもので、タロットカードのように占星術を使うテクニックですね。

ですが正直、本格的に占うとしたらプラシュナだけでは不十分で、相談者本人のホロスコープとダシャーを用意して、具体的な状況をしっかりと聞き取ることが必要です。

ですので、ここで紹介する僕の意見は決して正解や模範解答ではありません。あくまでひとつの解釈としてお読みください_φ(・_・

2018/5/4 16:06 東京都立川市

<ホロスコープの解説>

●ネガティブな点 ・イタサーラ・ヨーガ(※1)がひとつも成立していない(水星は遠い)。水星1L)と土星5,6L)、金星2,9L)のイシュラーフ・ヨーガ(※2)が成立している。 1L7Hで減衰している。 7Lは逆行し、金星の支配する天秤座で、12L太陽にアスペクトされている。 8H8Lが傷付いている。 5H火星ケートゥが在住して傷付いている。 1L7L6-8の関係 ・金星が女性星座、土星が男性星座は恋愛のプラシュナでは良くない ●ポジティブな点 金星9Hで無傷。ムーラトリコーナで強い。 7Hに凶星の影響がない。 ・D1は3つの惑星が定座以上で強い。 水星は遠いが、時間が経つと1L11Lのイタサーラ・ヨーガが成立する。

<鑑定結果>

総合すると、1Lと7Lの絡みが薄いし、D1でもD9でも12Hが結構絡んできているので、今片思いしているお相手とうまく行くかはちょっと微妙かも。 7Lが逆行してるし、7Hに減衰水星が在住なので、お相手はちょっと優柔不断な感じもしますし、他に好きな人がいる可能性も考えられます。 でも、相談者の方もそのうち他に気になる相手ができて、そちらでうまくいく可能性はありそうです。 ラグネーシュ(水星)とカレーシュ(土星)の度数差で、だいたい8か月後(23−15=8)くらいに進展あり、と考えられます。

※1イスラム占星術「ヴァルシャファラ」で使用される良性のヨーガ。

※2同じく「ヴァルシャファラ」で使用される悪性のヨーガ。

インド占星術鑑定のご依頼・お問い合わせはこちら

https://www.akbar.space/contact

 Recent Posts: 
 Archive: 
 Category: 

東京都

© 2018 akbar.space  All Rights Reserved.