【プラシュナ】インド占星術で見る新型コロナ騒動

Salam! こんにちは、アキュバルです。 今回は中級者向けの記事です。 先週から緊急事態宣言が一部都道府県で出され、人々の生活が激変していますね。 巷では新型コロナウィルスを「敵」と見なし、これを戦争に例えるような勇ましい言動が飛び交っていますが・・・果たして、この「戦い」はいつまで続くのでしょうか? というわけで、今回は久しぶりにプラシュナ・チャートでこの問題を検証してみたいと思います。復習になりますが、プラシュナとはその問題が起きた時刻・場所でホロスコープを作成し、問題の趨勢を占うというテクニックでしたね。 今回は緊急事態宣言が発令された2020年4月7日の17時43分でホロスコープを作成してみました。場所は首相官邸です。 |新型コロナは「治療」できるのか? プラシュナには、それぞれ「結婚」「仕事」「裁判」「病気」など、扱うテーマによって見方が異なります。今回は、新型コロナを日本国が患った「病気」、緊急事態宣言をそのための「治療」と見なし、病気のプラシュナとして考えてみようと思います。 「『強いホロスコープ』の条件」も加味して見ると、よりわかりやすくなるでしょう。 ホロスコープの特徴 ・ラグナロード(1室の支配星)が6室(病気)に在住。パーパ・カルタリ・ヨーガ※1→BAD ・ラグナロードと8室(障害)の支配星を比べると、8室の支配星のほうが強い→BAD ・ラグナ(1室)に月が在住→プラシュナではBAD ・ケンドラハウス(1,4,7,10)に三つの凶星が在住→BAD ・ウパチャヤハウス(3.6.11)に凶星の在住なし→BAD ・4室(診断)にケートゥ(誤診・原因不明)が

占星術師アキュバル

Feautre Posts 

Recent Posts 

Archive 

Category 

東京都

© 2018 akbar.space  All Rights Reserved.