誰もが気になる、金運のコンビネーション【ダーナ・ヨーガ】

Salam! どーも、アキュバルです。 例に漏れず、年末進行でブログのアップも滞りがちですが、こつこつ励んでいきたいと思います。。。 さて、今回は二度目になるお金のハナシ。 少し前に老後2000万円の話などもありましたが、増税の影響もあり、世間的にはますますお財布事情が主要な関心事になりつつあります。 そういうわけで、今回紹介するのは「富」を暗示するコンビネーション、ダーナ・ヨーガ。ダーナ・ヨーガの話は以前の記事「心理学者ユングと富の【ヴァスマティ・ヨーガ】」で少しご紹介しましたが、この記事ではダーナ・ヨーガの基本にたちもどり、その基本的な成立条件についてご紹介しようと思います! Dhana Yoga 【定義】 富のハウス(2,11)とトリコーナ・ハウス(1.5.9)が星座交換、アスペクト、コンジャクト、在住などで絡み合っている。 【意味】 財をもたらす。 ダーナ・ヨーガの「ダーナ」はサンスクリット語で、「旦那」の語源とも言われています(真偽は定かではない)。日本語でも「旦那」はもともと「財物を寄付してくれる人」を指すそうで、まあ要するにお金持ちってことすね。 実はインド占星術において金運を見るダーナ・ヨーガにはさまざまなバリエーションがあり、以前紹介したヴァスマティ・ヨーガもそのひとつです。上に紹介した成立パターンは最も基本的なもので、「ホロスコープに刻まれた「成功の証」【ラージャ・ヨーガ】」にもよく似ていますね。 そういうわけで、ホロスコープにおけるダーナ・ヨーガの数、そしてクオリティ(惑星の強さ、配置、吉星の絡みなど)を見ることで、ひとまずその人の金運におけるポテンシャル

占星術師アキュバル

Feautre Posts 

Recent Posts 

Archive 

Category 

東京都

© 2018 akbar.space  All Rights Reserved.