top of page

ペルシャ古典音楽演奏会のお知らせ





アキュバルのライフワークであるペルシャ伝統音楽ですが、2月4日に東京・大塚の月白亭で演奏会を行います。


今回共演させていただくのはウード、タール、セタールといったペルシャ音楽の熟練した弦楽器奏者たち。アキュバルは片面太鼓のトンバクと管楽器ネイ、そして大型の打楽器ダフで参加します。


少し楽器の紹介をさせていただくと、トンバクというのはイランで使用されるゴブレット形太鼓の一種。ザルブと呼ばれることもあります。

クワやクルミの木の胴体に、牛やラクダ、ヤギ、羊の皮が張られており、掌のみならず両指を駆使した繊細でバリエーション豊かな奏法が特徴的。

その名称は中央を叩いた時の「トン」、縁を叩いた時に鳴る「バク」というオノマトペに由来していると言われます。


こちらは去年、西荻窪"音や金時"で演奏した時の映像。映像だと低音が伝わりづらいですが、このように横に倒し、脇に抱えて演奏します。共演者の楽器は、中央が擦弦楽器キャマンチェ、右が弦楽器セタールです。



2月の東京は乾燥していて、楽器がよく鳴る季節です。

会場の月白亭は仏像彫刻家の方の私邸ですが、まるで博物館のように貴重な文物が飾られている珍しい場所です。

日本ではなかなか生で聴く機会が少ないペルシャ音楽。ふと興味が湧いた方はぜひお越しくださいませ。


以下、詳細です。



ペルシア音楽 Winter Concert

冬の澄んだ空気のなか、中東の楽器たちによって奏でられる即興、器楽曲、そして、うた。心地よくからだに響くペルシア音楽を生演奏でお楽しみください。

【詳細】
日程:2024.2.4(日)13:30開場/14:00開演
会場:月白亭(東京都豊島区北大塚3-18-23)
チケット:¥3,500

【出演者】
AKBAR トンバク、ネイ、ダフ
Umi セタール
北川修一 タール
幸福趣得 ウード

Comments


 Archive: 
bottom of page