【7室】の象意


ケンドラ・ハウス※1のひとつ。

配偶者 、結婚。お付き合い。

ビジネスパートナー。人間関係全般。

海外移住。外交、戦争(マンデーン占星術※2)。

生殖器、泌尿器。

7室は2室とともにマーラカ・ハウスと呼ばれ、「死」を暗示する。

また、7室は10室から見た10室でもあるため(ババッド・バーヴァ※3)、「仕事の成果」あるいは「デビュー」「地位」をあらわすハウスでもある。

※1 ラグナから数えて1,4,7,10番目の星座のこと。ケンドラ・ハウスは「ヴィシュヌ・スターナ」とも呼ばれ、ホロスコープ全体のクオリティを左右する。

※2 国家、あるいは国家元首のホロスコープ、新月図などさまざまなホロスコープを使って国の命運を占う技法。

※3 あるハウスから同じ数だけ進めると、そのハウスが本質・成果をあらわすという考え方。

インド占星術鑑定のご依頼・お問い合わせはこちら

https://www.akbar.space/contact

 Recent Posts: 
 Archive: 
 Category: 

東京都

© 2018 akbar.space  All Rights Reserved.