ナクシャトラ【プナルヴァス】の象意



位置:双子座 20° 00′ 〜 蟹座 03° 20′

支配星:木星

方向性:ティルヤン=ムカ(前)

性質:チャラ=チャラ(可動)

生理:指、鼻


象意:

シンボルは矢筒。ヴェーダの女神アディティと関係する。


真の自由や豊かさ、道徳性や高貴な行いを象徴する。

宗教、哲学、ヨーガなど自己理解を深めるためのさまざまな手段。

思想家、心理学者、教師。住宅の建築や維持に関わる職人。

シンボルの矢筒から矢が放たれて元に戻るように、反復やリサイクルを象徴する。


ティルヤン=ムカに適した活動・・・旅行、乗馬。道路の建設など

チャラ=チャラに適した活動・・・あらゆる動きをともなった活動。スポーツ、旅行など



ナクシャトラとは?

黄道360°を27分割した星座のことで、360°÷27=13° 20′がひとつのナクシャトラの幅となる。月が毎晩ひとつのナクシャトラから次のナクシャトラに動いていくように見えるため、「月の花嫁」とも呼ばれる。ナクシャトラはダシャーの惑星や期間を決める重要な要素であり、他にもムフルタやホロスコープの解釈などに用いられる。

 Recent Posts: 
 Archive: 
 Category: